家庭教師ってどうなの?家庭教師と学習塾のメリットをご紹介

家庭教師には沢山のメリットがある!〜受験に備えた勉強方法〜

学習塾と家庭教師

お子さんの進学にあたり、学習塾か家庭教師のどちらを選ぶか迷っているというご家庭もあるかと思います。お子さんの進学を確実なものとするために、学習塾と家庭教師の違いを今一度確認しておきましょう。

学習塾と家庭教師の違い

学習塾

学習塾は学校の授業スタイルと同じく、先生一人に対して生徒20人程度といった多人数での授業が展開されていきます。中には個別指導塾のような少人数体制の塾もありますが、学校では学べない応用力を身に着けることを目的としています。

家庭教師

一方で、家庭教師は自宅に講師を呼び寄せて、生徒とマンツーマンで授業を展開していきます。家庭教師の場合、マンツーマンでの授業を行える為、生徒の志望校に合わせたプランニングに基づいた指導を受けることができます。

家庭教師ってどうなの?家庭教師と学習塾のメリットをご紹介

男女

1対1での授業が行える

家庭教師は塾とは違い、生徒と講師での1対1の授業が展開されるので、子供の理解度や学習スピードに合わせて勉強を進めることが出来ます。また、1対1で教える分、得意分野と不得意分野、あるいは長所と短所を把握することができ、より生徒に合わせた柔軟性の高いカリキュラムを組めます。その為、浜松や東京では家庭教師を選ぶご家庭も多いのです。

女性

年齢も近いことで話しやすい

家庭教師の年齢が近ければ、子供も親しみやすく、話しやすいと安心することでしょう。やはり、年齢が近い方が生徒との打ち解け合うのも早いですし、無理のない学習プランを生徒と一緒に考えれやすいです。ですが、その一方で若過ぎる家庭教師は経験がない場合も多いので注意は必要です。

勉強

通塾時間がかからない

たとえ、塾がそう遠くはないところにあったとしても、週に2、3回以上通うとなれば、結構な手間暇がかかってしまいます。しかし、家庭教師なら自宅に講師を呼ぶだけでいい為、通塾時間は全くかかりません。また、塾帰りの防犯にも気を遣わなくてもいい為、安全性においても家庭教師はオススメでしょう。

女性

学習以外のケアも万全

年頃のお子さんの場合、学校や友達の悩みなど、親にはなかなか言えない悩みを抱えていることもあります。そして、家庭教師はそういった悩みを聞ける立ち位置にあります。その為、学習以外のケアにおいても期待できます。メンタルケアも基礎学力向上の大きな基盤となり得るでしょう。

ここがポイント!

集団で学ぶ学校や塾では、自ら意見しない消極的な生徒の場合、なかなか質問できる環境とは言いがたいです。その点、家庭教師なら1対1で授業を行なっているので、質問がしやすい環境が整っていると言えます。

広告募集中