不動産売却をするなら|高値で売れる会社を選ぼう

カギ

お得な制度を利用しよう

複数の住宅模型

住宅を建てる時に木材利用ポイントを利用することで、費用を安く抑えることができるのです。木材利用ポイントは住宅で利用される素材を地域材にすることにより需要を増や増やすことを目的にした制度となっています。

More...

体に優しい住宅です

インテリア

名古屋市内で自然素材を使用して、住宅を建築してくれるハウスメーカーは以前よりも多くなっています。ですから、まずはどのような自然素材を使用して建築するのかや、費用や期間がどれくらいかかるのかなど、色々と問合せをしてみましょう。

More...

不動産の売却

家の手渡し

福岡で不動産売却を成功させたいのであれば、福岡で活動している優秀な不動産会社に仲介を依頼してください。不動産会社選びで不動産売却の成功が左右されます。まずは、不動産会社の担当者とコンタクトを取ってみましょう。

More...

流入人口の増加

お金

交通アクセスの改善

日本は少子高齢化によって人口の減少が続いていますが、埼玉では人口の増加が継続しています。大都市に人口が集中する傾向が顕著となっており、東京の人口の増加のベッドタウンとしての役割がますます重要になっています。埼玉では交通網の改善が進んでおり、鉄道は相互乗り入れによって利便性が格段に向上しています。道路のアクセスも外環道の整備によって非常に便利になっています。こうしたことが埼玉の不動産価格の上昇に繋がっており、不動産所有者には相続の問題が発生して不動産売却事例が増加しています。こうした傾向は今後も継続することが見込まれているため、埼玉の住民にとっても相続の問題や相続税の支払いへの対応が喫緊の課題となっています。

専門家のアドバイスが必要

相続税への対応で不動産売却を行うと不動産売却益に対して多額の課税が行われる場合がありますので、課税問題は専門家にアドバイスを求めることが重要です。不動産売却においては保有期間が重要となりますので、長期保有であれば課税は比較的少なくて済みますが、短期となると大きな金額となりますので工夫が必要です。最近の相続では相続人が高齢の場合も少なくないため、相続した不動産を処分するケースが多くなっているのですが、単純に不動産売却するのではなくて、リバースモーゲージの仕組みを利用して、必要な資金を確保するとともに返済は不動産を抵当にすることによって引き延ばすことが可能となります。このことによって短期を長期に組み換えることが可能になります。