悩める医学部予備校選び

「どの医学部予備校に通えばいいか、わからない」といった悩みを抱えている方も名古屋では多いです。医学部予備校は現在、沢山ありますが、そのどれもがカリキュラム、学費、果ては合格率まで異なります。医学部予備校に通うことをお考えなら、まずは下記のポイントを押させておきましょう。

医学部予備校の選び方

合格実績を確認する

せっかく医学部予備校に入るのですから、ご自身が志望する学校の合格実績を確認するようにしましょう。合格実績が高ければ高いほど、その学校の受験に対して強いという証明です。医学部受験で成功する為にも、なるべく合格実績の高い医学部予備校に入りたいところです。

年間あたりの学費は?

医学部予備校と一口にいっても、年間にかかる学費にはバラツキがあります。例えば、有名な講師が在籍している予備校の場合、通常の1.5倍程度の学費が必要と言われています。医学部予備校を検討している時はあらかじめ学費を計算しておくようにしましょう。

口コミや評判をチェック

医学部予備校の多くはホームページを解説しています。そこで口コミや評判についてチェックしておきましょう。また、情報収集する際には、比較サイトやランキングサイトを活用することもオススメです。比較サイトやランキングサイトを複数チェックすれば、情報の信憑性もあり安心して学校選びを行えます。

[PR]
医学部の受験対策
苦手分野の克服!

医学部受験に備えて医学部予備校に通おう!

レディ

医学部に合格する難しさ

現在、世界的にも医療の発展がめざましく、将来的に医療系の職種を目指すという方も少なくありません。その為、名古屋では医学部受験を検討している方も多いのです。しかし、医学部受験は日本をはじめ、世界的にも進学が最も難関だとされています。その理由としては、ひとえに受験に合格するためのラインが非常に高いということが挙げられます。まず、国立医学部を目指す場合において、誰しもがセンター試験を受ける必要があります。そして、その試験では全教科で9割以上の点数をとる必要があり、次の二次試験でも同様に高得点をマークすることが必須です。

医学部予備校に通うメリット

国立、中堅大学の医学部に合格するためには、最低限でもセンター試験で8割、9割以上の高得点を取れる学力を身に付ける必要があります。勉強法としては個人の自由なので独学でも構いませんが、難関校を目指すなら名古屋にある医学部予備校に通うことをオススメします。医学部予備校は言葉通り、医学部への受験に特化しており、合格率は他の予備校よりも高いです。もしも、医学部への進学を検討しているなら、医学部予備校に通うといいでしょう。

[PR]
医学部予備校を探す
コースを事前に調べられる

医学予備校に通った人達の声

合格できました!

去年、1年間医学部予備校に通って勉学に励むことで、無事に志望校の医学部に合格することができました!1年間、何度も勉強で辛く感じることもありましたが、講師や仲間のお陰で乗り越えられて、本当に感謝しています。(男性 22歳)

試験でリベンジ成功

私は去年、難関校の医学部に受験で落ちてしまいました。それから父の勧めで医学部予備校に通うことに。最初の頃は、医学部予備校は恥ずかしいと思っていましたが、今年ちゃんとリベンジして合格できて感謝しています。(女性 21歳)

感謝しかありません!

医学部予備校の評判を聞き、入学することを決心しました。それから1年間、医学部予備校で必死に勉強することで目指していた医学部にしっかりと合格しました。医学部での受験を考えている方は独学ではなく、医学部予備校がオススメですよ。(女性 23歳)

授業内容も充実している

医学部予備校はただの予備校とは違い、医療について専門的なカリキュラムを組んでいるので、安心して学ぶことができました。センター試験でも高得点をマークでき、今の自分を作ったのは医学部予備校のおかげでしょう。(男性 22歳)

独学では無理な話

医学部を目指して1年間独学で頑張りましたが、見事に落ちました。その後、浪人して医学部予備校に通い、勉強に励むことに。独学では理解出来なかった部分も授業ではスラスラと教えて頂き、無事合格できました。(男性 20歳)

兵庫大学のコースをチェック

[PR]
岡山で中学受験を成功させよう
塾の利用を検討しよう

名古屋の医学部予備校を紹介 医学部受験には予備校を利用しよう

広告募集中

ゼミ合宿に参加